ベスタクス墜つ

ついに、というか、寧ろよくここまで持ち堪えたというべきか・・・
昨年の年の瀬に、DJ機材で名を馳せたベスタクス・コーポレーション(Vestax Co.)が倒産。
あのPioneerすらが業務譲渡しなければならないほどの厳しいDJ機器業界ですもの、まぁ当然の結末だったのかもしれません。

はっきりいってベスタクス(以下:ベスタ)は嫌いでした(笑)
ここの出す製品の斬新性や革新性、機能性は認めるものの、常にスタイリッシュとかクールといったセンスとは真逆のデザインとカラーリングの毒々しさ。しかも外観だけじゃなく耐久性やコスパ含めた総体的性能もどうも今いち。必ずしもそれが理由というわけではないまでも、ビギナー脱却者ならまず選ばないメーカーとして結局、タンテ、ミキサー、ラップトップ系、その他アクセサリー類に至るまで、DJ機材に何ひとつ本当の“定番”を生み出すこともできずにその幕を閉じたわけです。

’90年代以降 ’00年代前半までのDJブームに乗って、特にHip-Hopカルチャーへの迎合でブランド力を躍進させたものの、主力のDJミキサーすらも、最後まで‘スクラッチを競うバトルDJ’などという狭いカテだけで重宝されるトホホ状態から脱却できず仕舞い。

ご存知のとおり、アナログタンテはTechnics、CD-J & DJミキサーはPioneer、PCはNative Instrumentが業界標準機。
Pioneerにシェアを奪われるまで、ミキサーだけはそれなりに現場でも目にすることがありましたが、デジタル機器が主流となる’00年代半ばには、そんな光景も見られなくなりました・・・

品質うんぬん言う前にまずは見た目から入るボク(というかそういう人って多いです)なんかは、ベスタの隆盛時から新製品のラインナップ見るたびに、その垢抜けないデザインや奇抜な色使い、はたまた妙ちくりんな材質まで苦笑失笑の連続だったのですが、それでも長い歴史の中には「これ好き!」と思わせる機器もあり、基本バカにしつつもなんか憎めない奴ら・・・ そんなイメージを持っていたものです(笑)今にして思えば、あの一目で分かるルックスもベスタ‘の個性だったのでしょうね・・・

そんなベスタの回顧録としてボクが所持している(た)現役機材(一部退役)を列挙して、今は無きトップ(?)DJメーカーへ感謝(なんの感謝だ?)と哀悼を捧げたいと思います。


MR44
Vestax MR44

dbx搭載/4ch.マルチトラック・テープレコーダー。
スタジオやDJブースのコンソールはめ込み型の業務用機。操作性良く堅牢で今も現役。
それにしても、発売当時どれくらい売れたんだろう?すごく稀少だと思うよ、これ(笑)

CDX-12
Vestax CDX-12

モービルDJに愛された、ミキサー内蔵のデュアルCDプレーヤー。
これぞベスタ!と言わんばかりのありえないボディカラーと素材の組み合わせ(メタリックグリーンの本体になぜか白木材w)で売り出されたんですが、ひっそりとブラックカラーもラインナップされていて、こちらはベスタ本来のイナたさは残しつつもかなりクールな趣き。木材部も黒く染められ、つまみやノブはゴールド。(因みにこのあとシャンパンゴールドの本体カラーで出た改良型後継機【CDX-15】も良かった!)。ただ耐久性の欠如という致命的欠点(と言うか欠陥)があって、すぐにどちらか一方のCDアセンブリがダメになります。ボクは片方ダメになる度に別のを手に入れては移植を繰り返しつつ、今は4代目を使用中です(笑)

PCV-275
VESTAX PCV-275

3ch.ハウス/テクノ系ミキサー。
デザイン的にはベスタらしい残念な箇所も見受けられど、音の良さと使い勝手の良さで今も人気の名機です。シャンパンゴールドの安っぽくないカラーリングもいい。自分の使用したベスタ機材としては最もお気に入りの一台。

VCI-100
VESTAX VCI-100

ベスタとしては初代のMIDIコントローラー。
このあと出たMK2を待つべきだったかな?と後悔した時期もありました(笑)
でもホームユーズには不便なく、操作性も悪くないです。

この他にも縦型3ch.&横型4ch.ミキサー、CDJプレーヤー、そして4種のアナログタンテを使っていましたが、どれも使い込まないうちにお蔵入りか手放しちゃいました。


《P.S.》
2016年の追記になります。
ベスタ倒産前から10年以上、経営から退いていた創業者:椎野秀聰氏自らがベスタクスを復活させました。
その名も『STP/Vestax』!これは今後に要注目です。

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です