あの頃の“お宝盤”探索路

元々、ヘヴィーなレンタルレコード・ユーザーだったわたしが、カセットボーイからレコードコレクターに転向するきっかけとなったのは、ディスコで覚えた曲がレンタル店になく、それをどうしても手に入れたくて輸入レコード店に足を踏み入れたことからでした。(当時、わたしと同じ道を辿った方も案外少なくないのでは?)

そんな駆け出しのレコードコレクターだった ’80年代、レコードディグが何より楽しかった時のどうでもいい回顧的話題をひとつ。


バブル絶頂期の1986~8年頃から、ディスコ系レコードの収集家達(勿論わたしも含)が それこそ血眼(オタっぽくていやな言葉ですね笑)になって探していた5タイトル。当時はすでにクラシック化してディスコでも人気。さらに、定番・人気ナンバーを中心にかかりまくる学生ダンパ(死語)隆盛の時流も拍車を掛けたように思います。(当時の都内学生ダンパ・チャートでも常に一位は「テレフォン・オペレーター」でしたね)

  • PETE SHELLEY – Telephone Operator [12″] (ピート・シェリー / テレフォン・オペレーター)
  • U-BAHN X – Young Hearts Of Europe [12″] (ウーバーンイクス / ヤング・ハーツ・オブ・ユーロ)
  • LISA – Sex Dance [12″] (リサ / セックス・ダンス)
  • ART ATTACK – Mandolay [12″] (アート・アタック / マンドレー)
  • D.D. SOUND – Café [LP] (D.D. サウンド / カフェ)

どれも今となってはなんてことのないレコードばかりですが、このリストに目を通したマニア歴数十年という同士なら分かるはず。当時は高嶺の花どころじゃなく、実際に数万から数十万というプレミア価格で取引されていた”ブツ”です。中古レコード店に足繁く通う日々にも疲れ果て、DJやハードコレクターに足許を見られつつ直接言い値で譲ってもらった人も居ることでしょう・・・ 当時は旧楽曲を積極的に取り上げるようなオムニバスCDも少なく、情報も希薄。 もちろんインターネットもYoutubeもない、そんな時代でした。

今もわたしの手元には、愛知県は名古屋のディスコ系レコード専門店が掲載した、’89年の雑誌広告窓(誌上オークション)が残っています。当時、D.D. サウンドのアルバムを必死に探していたわたしも迷わず電話をしました。 愛想の良い店主とおぼしきに「値段は8万円です。帯?それはないけど状態良いですよ!DJなら店の経費で落とせばいいじゃないですか?もちろん領収書切りますよ」と営業されました。さすがに学生身分でレコード一枚にその値段は手の出ない話でした。 因みにこの専門店はそのあとまもなくして”MEGA-MIX”と名を変え、’90年代のディスコ/クラブ系新譜レコード・シーンを牽引することになります。

そうそう忘れてはいけません。これらのレコードの高騰真っ只中、「テレフォン・オペレーター」と「セックス・ダンス」、そして「ヤング・ハーツ・オブ・ユーロ」は音源のない店のため、そして何よりマニアの渇きを癒すために国内DJリミックス・チーム“HYPERSONIC”が独自にカヴァーを作ったりもしましたが、 結局は逆効果。それによってより一層オリジナル盤への物欲が刺激され、プレミア相場上昇を手伝う結果になっただけでした。

そんなさなか、マニアの渇きもそろそろピークに達するであろう ’90年の7月。突然、日本中の好事家を狂喜させる大事変が訪れるのです。なんと、当時の国内ダンス・レコード供給の中心を担っていた輸入レコード店CISCOがオリジナルレーベルに働きかけて、「テレフォン・オペレーター」の正規ライセンスによる再発盤を切り、 立て続けに「セックス・ダンス」(’90年8月)、「ヤング・ハーツ ・オブ・ユーロ」(’90年10月)と次々にオリジナル音源の再発を敢行。価格高騰の波は一気に収束へと向かうことになったのです。

そしてさらに数年のち、東京は渋谷の専門店、MANHATTAN RECORDSがD.D. サウンドのLPをイタリア・プレスで正規再発。 そのちょっと前にはテイチクから国内盤CDも復刻され、それまで’幻の音源’だった16分に及ぶ「カフェ」フル・ヴァージョンが手の届くものになっていましたが、DJやコレクターにはまだまだアナログ・ソースの需要が圧倒的だったのもあって、黒盤での発売は大いに歓迎されたものです。 また一方では、’90年代半ばの空前のアナログ・ブームの中で国内ディーラーによるアメリカの現地買い付け盤が中古市場を潤わせ、アート・アタック「マンドレー」のUSオリジナル原盤あたりも積極的に輸入されたことで、引く手数多だった凄まじいまでの勢いは鎮火していったのでした。


さて余談ながら、わたしの入手顛末記と言えば・・・

「テレオペ」と「ヤング・ハーツ ~」はCISCOの再発盤で初GET、D.D. サウンドは、国内通販で遂に手に入れた一枚が、インスト・ヴァージョンのアメリカ盤という辛酸を舐めてから数年後、常連だった地元中古レコード店のオークションに参加し、数万円で帯付き国内盤を落札して入手。「セックス・ダンス」も、懇意にしている地元中古レコード店を通してアメリカのメールオーダーサービス経由でアメリカ原盤12インチを入手。「マンドレー」は、地元からちょっと離れたレンタル・レコード店でフランス盤を偶然見つけ、借りたまま「紛失した」と虚偽の申告で返却しないという、今だから言える確信犯的蛮行で手に入れました。

当時の若い情熱を注ぎ込んだ思い出のレコードたち・・・ レア盤としての価値はとっくになくなりましたが、 悲喜こもごもの記憶も一緒に、今もレコード棚の一角に眠る大切なコレクションです。「このまま死ぬまで手放さないんだろうなあ」なんて呟きつつ、この記事用に写真を撮るため引っ張り出した、二度と針を落とすこともないであろう青春の遺物を見つめるアラフィフの今日です。

⇒ Clubberz Records [クラバーズ・レコーズ]